美白になるにはタバコは止めた方が良い?

美白になるにはタバコは止めた方がいい?

最近は喫煙所も減り、愛煙家の方には厳しい世の中になってきていると言われているものの、日頃のストレスからかタバコがやめられない人も多いと思います。

 

美白とタバコに何の関係があるの?と思われる方もいると思いますが、美白どころか肌のためにはタバコは全く良くありません。

 

 

美白になるためにはシミやくすみは大敵ですよね。
シミやくすみの原因となるメラニン色素や老化の原因となる活性酸素の生成を抑えてくれる成分がビタミンCなのですが、タバコはこのビタミンCを破壊してしまいます。

 

さらに、恐ろしいことにタバコはシミやシワの原因となる活性酸素を大量に発生させてしまうのです。これでは美白どころか、ますます肌が老化へと急加速してしまいます。

 

だったら、ビタミンCを沢山とれば問題ないと思っていませんか?
残念ならが、そううまくは出来ていないのです。

 

 

1日に必要なビタミンCの摂取量は100mgです。
しかし、タバコをたった1本吸うだけで25〜100gmのビタミンCが破壊されるといわれています。

 

たった1本で1日に必要なビタミンCが失われてしまうのですから肌にとっては一大事なのです。

 

そして、残念なことにビタミンCは多く摂取しても体内に吸収できるビタミンCは限られていて、余分なビタミンCは尿として排出されてしまうのです。

 

 

ですから、ビタミンCを沢山摂取したとしても肌にとってはマイナスでしかないのです。

 

まして、活性酸素を大量に発生させてしまうのですから、タバコを吸わない人と比べると肌の状態に驚くほど差が出てしまうのです。

 

実際に、禁煙に成功した方で肌のトラブルが減ったという方がとても多いのです。
ですが、禁煙は難しく何度も挫折した方も多いはず。

 

ですから、少しでも肌の状態をプラスに近づけるためにも外側から栄養を与える方法をおすすめします。

 

外側からというのは、基礎化粧品を使ったスキンケアを怠らないことです。
どんな基礎化粧品でも良いというわけではありません。
喫煙者の方は特に美白基礎化粧品を選ばれることをおすすめします。

 

タバコによる活性酸素やメラニン色素の生成を抑えるためにもディセンシアのサエルシリーズを試されてみてはいかがでしょうか?

 

サエルの優れているところは、なんといってもシミやくすみを取り去ってくれるところにあります。ですから、タバコによるシミやくすみの原因を取り除き、喫煙者でも無理なく美白の肌を手に入れることができるのです。

 

タバコは百害あって一利なし。と言いますが、女は欲張りな生き物なのです。
美白ケアをしっかりして美しい美肌を手に入れましょう。

関連記事