もともと色黒なんだけど、色白になる?

最近の傾向では色白に憧れる女性が増えていますよね。皆さんも日頃から日焼けをしないようにケアをされているかと思います。
美白基礎化粧品を試してみたり、食事で中から改善したり、エステへ行ったりなど、美白になるためには様々な方法があります。
しかし、もともと色黒の方は美白効果があるのでしょうか。生まれつき色黒で美白について悩みを抱えているかたも多いのです。
結論からいってしまうと、もともと色黒でも美白効果はあります。ですが、本来持って生まれた肌の色以上に白くすることはできないと言われています。
体の中でほとんど日焼けしない場所。太ももの内側やお尻などの肌の色が本来持つあなたの肌の色なのです。
つまり、日頃の日焼けなどで黒くなってしまった肌は美白基礎化粧品で白くすることはできますが、日焼けをしていない太ももの内側やお尻の肌の色以上には白くすることはできないということです。

 

ですが、色黒の肌は紫外線から受けるダメージを受けにくいというメリットがあります。逆に色白の肌はクマやシミ、毛穴などが目立ってしまうというデメリットもあるのです。
しかし、美白の肌を手に入れたいと思う方は日々のケアをすることで少しでも白い肌へと近づけることは可能なのです。
そのまま諦めてしまっていては肌のためにもよくありません。
より美白へ近づけたい方は、美白基礎化粧品を使うことをおすすめします。
ディセンシアのサエルは美白基礎化粧品なのですが、外部刺激からのダメージをブロックしてくれる他、美白有効成分が肌の奥まで浸透するための土台作りをしてくれるのです。
ですから、肌の奥までシッカリと美白有効成分が届き、美白へと導いてくれる基礎化粧品なのです。
美白の肌へと近づけるためには紫外線を防ぐことが何よりも大事になりますから日頃から日焼け対策やスキンケアを続けることで美白の肌へと徐々に近づけていくことができるようになります。

 

もう一つ注意が必要なのことはスキンケアをする時、顔だけをケアしてしまう方が多いということです。せっかく顔を美白基礎化粧品で白くしても首の肌の色と差が出てしまうとバランスが悪くなってしまいます。そして、首は年齢が出やすい部分でもあります。
ですから、顔だけではなく、首も一緒に美白ケアをするように心がけましょう。
肌を美白にするということはとても時間がかかることです。ですから日頃から美白を意識して生活することが大切なのです。

 

 

関連記事